• rsf390

組織風土は 建物なら基礎 植物なら土壌 これらがより良くできるには

自分を知る学びが必要です。


それぞれの持ち場で仕事をしているみんなが集まり始めると話しが始まり、笑い声がおき、笑顔でいっぱいになっていく。

この一体感は勝手にできるものではなく、一人ひとりがもしくは誰かが意図をもって行動するからこそできていくものです。


研修が終わると 「今日も面白かったです。たくさんの気付きがありました!」 「痛いほど胸に刺さりました グサッ(><)」 というフィードバックがあったり


どうしても仕事が入り途中で抜けなくてはいけないことが起こったときに 「後ろ髪惹かれます~」 と言いながら仕事へと向かったり。


もっと学びたい、もっと気づきたいという思いが伝わってきます。


自分を知る、そのことによって相手を知りたくなる。

セルフケアからラインケア。

好ましい企業風土は意図をもって意識し行動することから始まります。

職場が良くなり、そして何より家庭も良くなる。

自分を振り返り、自分を理解しようとしはじめ、そして身近な大切な人を理解しようという姿勢が習慣化していく。


成長、成長、愛ある成長。


心財育成が関わることで、このような職場がたくさん増える。会社に関わる人の笑顔が増える。関わる人の家庭も豊かになる。

もっともっと関わっていきたいです!




閲覧数:1回0件のコメント