UTS_0340★_edited_edited.jpg
UTS_0373★s.png

人を活かす

​健康な組織風土をつくるために​

​私たちは、心の問題を解決する事で、人間関係の中で起こる様々な問題に自ら解決できる組織づくりをお手伝いしています。
top.png
youtube.png

​事業内容

自らの人生を豊かにする心の育成

​コンサルティング・研修

従業員と経営者が

一人一人の「心」と「組織」の取扱説 明書(トリセツ)を見える化し、

セルフケアできる個人と組織のコミュニ ケーション力を向上させることで、健康組織風土を育み、変化に創造・対応していく心と思考を 育み、ポテンシャル(潜在能力)を引 き出し企業変革の基礎をつくります。

数字を議論

カウンセリング

なりたい自分になるために大切なこと。それは、目標を明確にすることです。

「今」のあなたの延長が、あなたの「未来」です。あなたの思考は必ず現実化します。

目標を明確にし、制限を外し、望む人生を叶え加速させていくために、カウンセリングをご活用ください。

コンサルティング

理念作成

個人の理念を作成する事で、ご自身が何を大切にしているかという「価値観」を引き出し、そのうえで自分が何を気づき上げていきたいのかを明確にしていくことをサポートさせていただいております。

ブレーンストーミング

講義・講演

「心の仕組み」や「価値観」などを軸に、それらがビジネスやメンタルコミュニケーションに作用するか、どのように活かされるのかについてお話します。商工会議所、学校、企業などあらゆる場所で起こる人間関係、心の問題について解決の糸口になるお話をさせていただいています。

ビジネスプレゼンテーション
UTS_0238★_edited.jpg

企業の業績や成長は、そこで働く「人」によって 大きく影響を受けます。 その「人」は、働く環境や仕組みそして自分や他人の「心」に 影響を受けています。

 

企業活動の営みや人々の生活の不安が大きくなっている昨今、 「心」の重要性は、これまでに増して高まっていると思います。

 

人々の幸せは、賃金や労働条件など環境レベルと 豊かな心、想い、感情の両輪でであると考えます。 その豊かな心を自分で取扱える人を育むことが自社の使命です。

私たちは、「心」と「財」(様々な資産)のバランスを保ちながら 「人」と「企業」の育成・成長のお手伝いをさせていただく ことに使命と存在意義を持ち、日々貢献しています。

大切にしている事

​心財育成がもたらす改善プロセス

​私たちは、コミュニケーションの活性化を図り、人・組織を育み、企業が持つあらゆる「潜在能力」=財(チカラ)を呼び起こします。
改善のプロセス.jpg

教育環境の重要点

Point
01

私たちが学ぶ上で最も重要な点は「安全・安心な環境」です。

「安全・安心な環境」とは誰もが考えること、発想すること、発言するという行動と能力に対して 無批判であることです。それは他者に対しても、自分自身に対しても適用されます。

この環境を意識的に作り出すために必要なことは、学習に関わる一人ひとりが「自己肯定・自己尊重」しているということです。

自己肯定・自己尊重は他者肯定・他者尊重に繋がり、尊重しあえる環境が「安全・安心な環境」を作り出します。
 
では「自己肯定・自己尊重」のために必要なこととはなんでしょうか?

「自己肯定・自己尊重」に必要なこと

Point
02

私たちが自己肯定できない理由の一つに「他者との比較」があります。これは他者の方が自分より良くできるという思い込みからくるものです。自己肯定ができている人は、他者の良く出来ている部分を学び、自分に取り入れるか否か決めますが、自己肯定が低い人は自分ができていないと低く評価し、更に自己肯定を低くしていきます。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?これは「自分が何者であるのか」「自分が何を大切にしているのか」という「自分の軸」に気づいていないことから起こります。

これら心のことには仕組みがあります。この教育プログラムでは学校でも社会でも教わることがない「心のしくみ」についてワークで体感しながら学習していくことで「自己肯定・自己尊重」に気づくと同時に他者への見方も変化し「安全・安心な環境を基礎とする組織」へと成長していきます。

安全・安心な環境を基礎とする組織

Point
03

理念

個人において自分が大切にしていること『価値観』が自分の軸となるように、組織においては『理念』が軸となります。

理念とは「組織のあるべき姿、最高の目的」です。理念が成文化されていることで、組織を構成するメンバー一人ひとりが常に理念に基づき考え、それぞれの能力を発揮し、それぞれが行動していくことになります。

ビジョン

理念「組織のあるべき姿、最高の目的」の明確後、次に行うことは方針である未来像・将来像の明確化です。どのような未来にしたいのか、どのような将来にするのかを視覚化し、語り、体感することが実現を加速させます。

価値観

理念が明確であり、ビジョンが明確であれば、次に行うことは、一人ひとりが自分の価値観を理念とビジョンに対してどのように活かすことができるのかイメージし落とし込むことです。自分の能力をどのように発揮し、どのように行動し、どのように環境を活用することで、組織や社会にどのような影響を与えることができるのかという意味が見出せることで一貫性が通るのです。

一人ひとりが自分の軸である価値観に気づき、自己尊重することが他者尊重に繋がり、安全・安心の環境が整い、相互理解をする個人の集まりである組織が目指す最高の目的である理念を成文化し、 方針である未来像・将来像を明確に設定することで実現し続ける想いに突き動かされ、行動し自らの足で立つ「自立」した組織が実現します。

file1.jpg

​理 念

私たちは心という財産の育成を通して

一人ひとりが存在を尊重し

望む人生を実現する

慈愛に満ちあふれた世界を創ります

ビジョン

誰もが自己尊重できる愛に満ちた最高の世界 にすること

家族、学校、企業、日本、世界という組織を 「存在」において安全・安心の場にすること

愛に満ち溢れた最高の世界を本気で創る人財を育むこと

​会社概要

社名
心財育成株式会社
代表社名
代表取締役 安達美由紀
所在地
〒540-0032 大阪市中央区天満橋京町2-15 岡本ビル3階
創業
2010年4月
設立
2015年1月
​事業内容
・人材育成教育事業
・セミナー・講座・研修・講演
・カウンセリング
・人材育成コンサルティング
連絡先&FAX
06-6942-0070
E-Mail
 

06-6942-0070    |    info@shinzai.co.jp

〒540-0032 大阪市中央区天満橋京町2-15 岡本ビル3階

Accese